読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下唇小五郎の上唇日記2

〜失われた上唇〜

超絶めんどくさい不動産屋さん〜パワハラ自慢客ディス野郎〜

最近結婚準備やら新居探しやらで色々面倒なことが多いのだけれども、不動産屋さんにめんどくさいの極みみたいな人がいた。

最初に僕らについてくれた女性の店員はすごく接しやすく丁寧に色々と提案してくれた。
で、物件見に行ったりして、なんだかんだすぐに2物件まで絞れた。

その2つの物件は安くて古い物件と、高くてめちゃ綺麗な物件。
その価格差2万五千円。年間30万は大きい。


で、あーだこーだ言ってたらその女性店員の方の上司と思しき人が会話に入ってきた。
会話の入ってき方も土足で部屋上がってきて冷蔵庫を勝手に開けて物色し出すスタイル。
そんなスタイルで、「俺仕事できるぜ自慢」をし始めた。
「○○(女性店員の名前)の接客はどうです?」
「○○(女性店員の名前)は俺が育てた。」
「お客さんの前では苗字で呼んでますけどそうじゃない時はゴミ、クズ、死ねと呼んでます。」
「僕は数千人接客してきたからこいつをここまでの女にできた。」
「僕はマンション売り買い専門なので、そのぐらいの金額すぐに契約しちゃえば?って思いますけどね。。」

さらっと僕らもディスられてるー。。。
てか女性店員へのパワハラ自慢激しすぎだろ。
全国展開されてる不動産屋さんなのにいいのか!?実名で晒してやりたいっ!!


嫁と女性店員は終始苦笑い。
僕は終始真顔でした。


早くどっかいってくんねーかなと思ったら女性店員が
「ちょっと他のお客様と予定がありまして・・・」
と、まさかの退席。

めんどくさい男と、僕らという地獄絵図となってしまった。

その後も「超人気エリアですよ!(本来あなたたちが住めるエリアじゃないですよと聞こえた)」「その金額で迷ってるなんてオーナーさん悲しむと思います。」などなど。


イラついてる雰囲気をあんなに出したのに本当空気読めなさすぎ。
こいつのせいで、楽しい新居探しが超絶嫌な思い出へと変わってしまった。


くそー。なんかあいつに嫌なこと起こってほしい。
車に落書きされるとか、時計を失くすとか、三日連続で机の脚に小指ぶつけるとか。