読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下唇小五郎の上唇日記2

〜失われた上唇〜

下克上アゲイン

ロッテ

f:id:toripika:20131016112417j:plain

先日の3連休と合わせて行われた西武との3連戦
11−1で勝って
0−15で負けて
4−1で勝って

晴れて最終ステージ進出しました!!

打線は井口、今江、サブローと言ったベテランが強さを見せてくれました。
伊志嶺、加藤、清田もピンポイントの出場ではありますが結果を残してくれてます。
調子が特に悪いのはブラゼル9打数1安打と勢いがありませんでした。
それに対しブラゼルと並行して起用される福浦は4打数2安打と好調です。

こんな感じなのでまぁ打線はそこそこと好調なんです。

伊東監督の采配も素晴らしかった。


この勢いに乗って飛び込むのはロッテの鬼門今年2勝10敗と大きく負け越しているKスタ宮城

全6戦で4勝先取をしなくてはならない戦いの中1勝のビハインドがあります。
それに加えて今季負け無しの23連勝をし神様と言われる稲尾さんの記録を破った難攻不落の"神超え"田中のマーくんが2回先発するでしょう。

とすると3勝のビハインドがあると考え、残りの4試合をロッテは勝たないとダメでしょう。

しかし楽天には今年の新人王有力候補今季15勝した則本という、田中二世なんて呼ばれるピッチャーもいたりします。

対するロッテは10勝を超えるピッチャーは一人もいません。。。

どうやって投手を起用するか。これが今回の見所です。

恐らく楽天は初戦マーくん、二戦目則本と来るでしょう。

ロッテの初戦はエース成瀬と報道されています。
ダイエット上がりで先日西武戦に先発し3回3失点くらいしたあの成瀬です。

成瀬をマーくんにぶつけることで
勝った場合は「成瀬覚醒来たーーーーー!!」と盛り上がるだろうし
負けた場合も「まぁ成瀬だし。相手マーくんだし。」的な悲しいけど古谷とか勝ちを計算できる投手で負けるよりかはまぁ良かったわっていう気持ちになれるので良いんじゃないでしょうか。

問題は2戦目。
こちらも怪我から復帰し先日2軍で復活をアピールしたグライシンガーか。
勝ちを計算できる古谷を起用するか。



あードキドキ!!


「下克上アゲイン」というスローガンが自然とファンの間で出てきています!
今までもCSで数々のミラクルを起こしてきたロッテ!
期待せずにはいられません!
不安要素たくさんですがなんとか食らいついてほしい!

逆境のロッテは強い!

マリーンズファイティーン!!!!